無職でもキャッシングでお金を借りることは可能か?審査に通るのか?

無職でもキャッシングでお金を借りることは可能か?審査に通るのか?

無職や仕事をしていない家事手伝いという状態になってから、銀行や消費者金融で新たにカードローンやキャッシングの申込みをしてお金を借りようとすると、借り入れの審査には確実に落ちてしまいます。

毎月一定の収入がない方に対する金融機関の審査は非常に厳しいものがあります。無職で毎月一定の収入が途絶えてしまった途端に、どこもお金を貸してくれなくなってしまうのです。

無職や仕事を辞めて家事手伝いとなる前に、銀行や消費者金融でカードローンやキャッシングカードを申し込んでいた場合は、無職になった後もそのカードを使ってお金を借りるということは可能です。

しかしそれも基本的には認められていないことです。勤め先などに変更があった場合はすぐにカードローンを契約した銀行や消費者金融に連絡するというのが、たくさん細かく書かれた契約書の中に記載されているからです。

無職になってからキャッシングでお金を借りるというのは、基本的に非常に難しいことなのです。

無職になるにしても、クレジットカードやカードローンを申し込んでおくなど、無職になるための準備が必要になるでしょう。

不慮の事故で仕事ができなくなって無職になってしまったなど、準備のしようがない状況もあるかもしれませんが、無職になるにも計画性が大切です。

しかし、無職になる前にカードローンの申込みをする人は少ないかもしませんが、無職になる以前からクレジットカードを持っていたという方は多いでしょう。

そういう方であればお手持ちのクレジットカードを利用したクレジットカード現金化という方法でお金を借りることは可能です。

この場合は通常のカードを使ったお買い物と同じで審査もないので、無職であってもお金を借りられることになります。


このページの先頭へ